大人ニキビ ニキビ跡

大人ニキビとニキビ跡は関係あるの?

「大人ニキビ」について特集します。

 

ニキビは思春期に限った悩みではなく、あらゆる世代に共通した悩みです。

 

でも大人になるとホルモン分泌が安定するので、ふつうは徐々に改善されていきますが大人のニキビはニキビ跡になりやすく、やっかいなニキビでもあります。

 

ニキビ跡になりやすい大人のニキビは、ホルモンの乱れが主な原因。

 

食生活が乱れたり、仕事のストレスなどによってホルモンが崩れニキビができます。

 

このような大人のニキビは慢性化しやすいです。

 

大人ニキビは同じ場所にできるのが特徴なので何度も同じ場所にできるために肌が傷き、ニキビ跡になってしまいます。

 

ニキビ跡になりやすい大人のニキビには、食生活の見直しが必要です。栄養バランスのよい食事を規則正しく食べていますか?

 

脂物が多かったり便秘になってしまうような食事は、大人ニキビの原因になりやすいです。

 

睡眠時間は十分に足りていますか?

 

前日の疲れがとれない状態では、肌の代謝も弱まってきます。

 

その状態でニキビができてしまうと、ニキビ跡になりやすいので注意しなければなりません。

 

毎日きちんと眠り、疲れをとることが大事です。

 

大人ニキビはニキビ跡になりやすいニキビなので、規則正しい生活を身につけて大人ニキビができないように対策をとるとよいでしょう。

 

 

 

治りにくいニキビ跡にはビタミンが効果的!?

 

ニキビ跡はもともと治りにくいけど、とくに治りにくいニキビ跡があります。

 

治りにくいニキビ跡のひとつは濃い色素沈着がおこっているニキビ跡。

 

また深く凹んでしまったクレーター状のニキビ跡も同様。

 

このクレーター状のものの方が、より治りにくいニキビ跡です。

 

このような治りにくいニキビ跡には「ビタミン」を補給することが大切です。

 

まず色素沈着をおこしているニキビ跡にはビタミンCをたっぷり補給するとよいでしょう。

 

ちなみにビタミンCは肌に浸透しないのを知っていますか?

 

ビタミンCは色素沈着の原因になるメラニン色素が作られるのを防ぐ働きがあります。

 

そしてビタミンAとビタミンB2には肌の代謝を正常にし、助ける役割が。

 

ビタミンは毎日の食事だけでは、しっかり補いきれないこともあるはず。

 

そういう時にはサプリメントを上手に使用して、毎日たっぷり補えるようにします。

 

また、これらのビタミンが含まれている化粧品を使用するのもとても効果的。

 

外からも中からもビタミンを補って、ニキビ跡のできた肌をいたわってください。

 

ニキビ跡ができてしまった肌は十分にダメージを受けている状態。

 

デリケートになっているので、さらに傷つきやすいです。

 

ビタミンを補い肌に元気を与えるようにします。

 

また、ニキビ跡が残ってしまうのは肌自体が弱っていることも原因です。

 

肌はターンオーバーにより約28日前後で生まれ変わり、古いものと入れ替わります。

 

肌が弱っているとその周期が崩れるので、新しく生まれ変わることができません。

 

ビタミンを補給して肌を元気にし、再生する力をサポートしてあげるとよいでしょう。

 

 

ニキビ跡の色素沈着をケア!

 

ニキビ跡でよく見られるのが色素沈着をおこしているタイプ。

 

色素沈着はいくつか種類があり、タイプによってケア方法も違ってきます。

 

まず、紫がかった色素沈着をおこしているニキビ跡ですが、これはニキビの炎症や化膿で、真皮が傷ついたばかりの肌に見られやすいです。

 

このタイプの色素沈着は、多くがヘモグロビンの仕業となっています。

 

次に紫色の色素沈着がおさまると、薄い茶色のシミのようなニキビ跡に変わります。

 

これは表皮の奥でつくられたメラニン色素が原因です。

 

そして肌がダメージから回復すると、日焼けしたような濃い茶色のシミに変わります。

 

これは表皮の奥のメラニン色素が、だんだん表面に出てくるのが原因です。

 

ニキビ跡の色素沈着は、ヘモグロビンとメラニン色素が原因。

 

原因が違うと対処方法も違います。

 

まず、ヘモグロビンが原因の色素沈着にはレーザー治療が効果的。

 

レーザー治療にはダイオードレーザー、半導体レーザーがあります。

 

メラニンが原因の色素沈着のあるニキビ跡には、とくにビタミンCが効果的です。

 

ビタミンCを使ったニキビ跡のケアにも種類は、いろいろあります。

 

ビタミンC誘導体、水溶性ビタミンC誘導体、油溶性ビタミンC誘導体などです。

 

また、プラセンタ、ハイドロキノン、フラーレンもメラニン系の色素沈着に効果的。

 

ニキビ跡の色素沈着は原因によりケアが変わってきます。

 

一日も早くニキビ跡を目立たなくするために、適切なケアが必要です。

 

 

クレーター状のニキビ跡の治療方法

 

炎症をおこしたニキビが悪化して、化膿してしまうこともあります。

 

化膿したニキビがつぶれてしまうと高い確率で、へこんだニキビ跡に変わるでしょう。

 

このへこんでしまったニキビ跡は、よく“クレーター”などと言われます。

 

ニキビ跡の中でもっとも治療が難しいのが、このクレーター状のニキビ跡です。

 

このクレーター状ニキビ跡は、皮膚細胞が破壊されてしまったのが原因。

 

皮膚細胞が破壊されて減った分が、へこんだニキビ跡になってしまっています。

 

そのためクレーター状のニキビ跡を治療するには、へこみを埋めなくてはいけません。

 

このへこみを埋めるものは、破壊された皮膚細胞によって異なります。

 

 

■真皮が破壊されてできたクレーター

 

真皮が破壊されてできたクレーター状のニキビ跡には、新しい真皮が必要です。

 

真皮層は、コラーゲンやエラスチンという成分で構成されています。

 

これらを補ったり、生成を助けてあげるビタミンCなどが治療に効果的。

 

クレーター状のニキビ跡は、どちらのタイプかで治療法方がまったく変わります。

 

見極めるひとつの方法は、化膿したニキビがつぶれた時の状態。

 

化膿ニキビがつぶれたときに出血があれば、それは真皮が破壊されたサイン。

 

出血がなければ、真皮にまでは破壊が進んでいなかった可能性が高いです。

 

正しい治療をおこなうためにも、自分のタイプをしっかりと見極める必要があります。

 

 

ニキビ跡にはビタミンC

 

ニキビ跡を治すには、積極的にビタミンCを補給するとよいでしょう。

 

ビタミンCはシミやニキビ跡、肌のくすみを解消する美白ビタミン。

 

日頃からビタミンCを含む野菜や果物を食べるのも大切ですが、それでは不十分です。

 

ニキビ跡の改善にはサプリメントやビタミンC配合の化粧品も使用する必要があります。

 

ビタミンCは色素沈着のニキビ跡、クレーター状ニキビ跡の両方に効果的。

 

まずビタミンCは表皮の基本層に働きかけ、肌のターンオーバーをうながします。

 

色素沈着タイプのニキビ跡は、表皮のメラニン色素が原因です。

 

肌の新陳代謝を活発にして、メラニン色素を排出させてニキビ跡を改善します。

 

またビタミンCは真皮でコラーゲンのサポートする役割も。

 

クレーター状ニキビ跡は、真皮の細胞が壊されたことでおこります。真皮のコラーゲンを新しく作り、クレーター状のニキビ跡を改善するのです。

 

さらにビタミンCには毛穴のつまりを予防・改善する効果も。

 

毛穴のつまりは新たなニキビの原因、ニキビの悪化の原因にも…。

 

ニキビは悪化するとニキビ跡になりやすいので、ビタミンCでしっかり防ぐとよいでしょう。

 

ビタミンCには活性酸素を除去する強力な抗酸化作用もあります。

 

活性酸素は肌細胞を刺激して、メラニン色素をつくらせるニキビ跡の大敵。

 

ニキビ跡を改善して、新たなニキビ跡をつくらないためにも、ビタミンCは必要です。

 

肌の基礎体力をアップさせてくれるのもビタミンC。ニキビ跡のない美肌のためには、ビタミンCが欠かせません。

 

 

ビタミンC誘導体でニキビ跡を治す

 

色素沈着のシミになってしまったニキビ跡の改善に、ビタミンCは必須です。

 

このビタミンCの効果を最大限に引き出して治療につかうのがビタミンC誘導体。ビタミンC誘導体には、「水溶性」「油溶性」「進化型」の3タイプがあります。

 

1.水溶性ビタミンC誘導体

 

水溶性ビタミンC誘導体の特徴は、3タイプの中でもっとも効果に即効性があります。

 

主に表皮に浸透するので、メラニン色素が原因のニキビ跡に効果的。

 

デメリットは肌が乾燥しやすくなり、乾燥や炎症をおこした肌に刺激があることです。

 

2.油溶性ビタミンC誘導体

 

油溶性ビタミンC誘導体の特徴は、真皮にまで浸透する高い浸透力。真皮が傷ついてクレーター状にまでなってしまったニキビ跡にも効果的。

 

デメリットは即効性がないことと、人によって若干の刺激があることです。

 

 

3.進化型ビタミンC誘導体

 

進化型ビタミンC誘導体の特徴は、真皮にまで浸透する浸透力と即効性。

 

ニキビ跡への即効性は水溶性にやや劣りますが、浸透力は水溶性の100倍以上も。

 

刺激が、まったくないのと乾燥肌になるなどの心配がないこともメリット。

 

デメリットは不安定なため、さまざまな成分を配合するため値段は高めです。

 

ビタミンC誘導体は、「水溶性」「油溶性」「進化型」それぞれに特徴があります。

 

もっとも一般的なのは水溶性ですが、クレーター状のニキビ跡には効果ありません。

 

それぞれのメリットやデメリット、ニキビ跡の状態によって適切なものを選ぶとよいでしょう。

 

 

イオン導入でニキビ跡を改善

 

ニキビ跡の治療に「イオン導入」というのがあるのを知っていますか?

 

このイオン導入とは、水溶性ビタミンCの浸透力をアップさせるための技術です。

 

水溶性ビタミンC誘導体は、ニキビ跡への効果の即効性が特徴ですね。

 

その反面、油溶性や新型ビタミンC誘導体に比べて浸透力が弱いのが難点です。

 

しかし「イオン導入」をすることで、肌への浸透力を大幅にアップさせることが可能に。

 

イオン導入をおこなった水溶性ビタミンC誘導体の浸透率は、100倍にも上がります。

 

イオン導入は、水溶性の成分が肌のバリア機能を通り抜けるための技術です。肌は皮脂で守られているので、水溶性の成分の多くは弾かれてしまいます。

 

しかしイオン導入をおこなえば、水溶性の成分でも肌に入り込むことが可能です。

 

即効性のある水溶性ビタミンC誘導体が、ニキビ跡にしっかり届きます。

 

このようにイオン導入は肌のバリア機能を無視するものなので、注意も必要です。

 

とくに注意したいのは防腐剤や着色料、香料などの添加物。

 

体に不必要なこれらが肌に入り込んでしまわないように、成分表示に気を付けてください。

 

水溶性ビタミンC誘導体の配合率は3〜7%がよいと言われています。

 

ニキビ跡へ届く浸透率が増えるので最初は少ない配合率で始めると、よいでしょう。

 

イオン導入は、病院やエステサロンでおこなうことができます。

 

しかし病院やエステサロンでは、時間的にも経済的にもけっこう大変…。

 

ニキビ跡のケアは時間がかかるので、長期に通うのは厳しいかもしれません。

 

最近はホームエステ用のイオン導入器が、安いもので1万円程度から買えるのでニキビ跡を自宅でしっかりとケアしたいなら、イオン導入器もオススメです。

 

 

ニキビ跡の回復をサポートするプラセンタ

 

茶色い色素沈着をおこしてしまったニキビ跡の原因は、メラニン色素。

 

メラニン色素は表皮の一番奥の基本層にある、メラノサイトで生成され皮膚細胞にとりこまれて、茶色い色素沈着を起こしニキビ跡に変わります。

 

この表皮の奥の基本層は、肌の生まれ変わり、ターンオーバーがはじまる場所です。

 

ここで新しい皮膚細胞がつくられ、古い細胞を押し上げながら表面に出てきます。

 

新しく出来上がってから一番上に出てくるまで、ふつうは大体28日間です。

 

そうすると色素沈着を起こした肌も28日間待てば消えてしまうと思いませんか?

 

実際には一度色素沈着をおこしたニキビ跡は、何ヶ月も残ってしまいます。

 

それは、ニキビの炎症で基本層がダメージを受けてしまうためです。基本層がダメージを受けると、ターンオーバーが正常におこなわれなくなります。

 

そして必要もないのにメラニンを作り続けて、いつまでも色素沈着をおこすのです。

 

基本層のダメージが回復しないのは、肌自体の機能が弱っているため。

 

ニキビ跡を消すため、この弱った肌を回復させるのに役立つのが「プラセンタ」。

 

プラセンタは美容成分でおなじみの成分です。

 

プラセンタには肌に栄養を運び、新しい細胞がつくられるのを助ける働きがあります。

 

プラセンタはもともと、豚などの動物の胎盤から作られていたのですが胎盤を使用するため、一時期その安全性が騒がれたことがありました。

 

そこで最近では植物性のプラセンタも開発され、注目を集めています。

 

一日も早くニキビ跡を消すためには、プラセンタで肌の機能を助けてあげるとよいでしょう。

 

肌が正常にターンオーバーをおこなえれば、ニキビ跡を消すことも可能です。

 

 

頑固なニキビ跡に肌の漂白剤、ハイドロキノン

 

ハイドロキノンはメラニン色素の生成を強力におさえる成分。

 

その効果の高さから肌の漂白剤ともいわれ、ニキビ跡の治療にも期待されています。

 

ハイドロキノンは、病院でシミのレーザー治療の時などに処方される薬です。

 

レーザーによる色素沈着をふせぐために、ハイドロキノンが使われます。

 

この時レーザーを当てた場所以外に、ハイドロキノンを塗らないように注意されます。

 

それはハイドロキノンを塗った肌が白くなってしまうため。

 

この強力な効果から、ハイドロキノンは「肌の漂白剤」とまでいわれているのです。

 

この肌の漂白剤と呼ばれるハイドロキノンが、ニキビ跡の治療に注目されています。

 

高級化粧品の美白剤には、コウジ酸やアルブチンなどが配合されているのが多いです

 

しかしハイドロキノンの美白効果は、これらのなんと100倍!?

 

このハイドロキノンが効果を発揮するのは、色素沈着をおこしたニキビ跡です。

 

ハイドロキノンはメラニン色素の生成をおさえるのに作用します。

 

そのためニキビがおさまってすぐの赤みや、紫色のニキビ跡には効果がありません。

 

少し時間がたち、茶色くなってしまったニキビ跡には強力に作用します。

 

このハイドロキノンは不安定な成分なので、配合された化粧品は少ないです・

 

ですから値段も高めなので、ちょっと手が出しにくいかも。

 

しかし1〜2週間で肌の色がワントーン明るくなるなど、クチコミでは評判もよいです。

 

ニキビ跡やシミの改善にも、3〜4週間ほどで効果があらわれたとの声も。

 

ちょっと高価ですが、頑固なニキビ跡で困っている人にはオススメです。

 

 

クレーター状のニキビ跡を治せるEGFとは?

 

EGFとは、上皮細胞再生因子のことです。

 

皮膚細胞を分裂させる役割があり、皮膚の修復と再生に大きく関わっている成分。

 

EGFは火傷の治療や、角膜移植などの医療現場でも使用されており、クレーター状のニキビ跡を治すのに大きな効果を発揮します。

 

睡眠を長時間をとると、翌朝に肌の調子がよいと感じることはありませんか?

 

これは夜の寝ている間に成長ホルモンが分泌されるためです。

 

成長ホルモンの「細胞成長因子」が、新しい細胞をつくる働きを活発にします。

 

EGFとは、この「成長因子」そのものです。

 

成長因子であるEGFを肌におぎなうことで、ニキビ跡の痛んだ肌が修復されます。ニキビ跡の改善には、肌細胞の修復と再生が必要不可欠。

 

それを直接サポートしてくれるのが、再生因子であるEGFです。

 

このEGFは、治すのが難しいといわれているクレーター状のニキビ跡にも期待できます。

 

皮膚細胞が破壊されたクレーター状のニキビ跡には、新しい細胞が必要です。

 

破壊された細胞をEGFの働きで補うことで皮膚のへこみは回復します。

 

しかしEGFは上皮細胞の再生因子。

 

つまり表皮のダメージによるニキビ跡と、クレーター状ニキビ跡への改善です。

 

真皮にまでおよんでしまったクレーター状のニキビ跡には効果がありません。

 

真皮が原因のクレーター状ニキビ跡には、コラーゲンやビタミンCが効果的。

 

同じクレーター状のニキビ跡でも治療方法が異なるので注意が必要です。

 

 

ニキビ跡とオレンジスキン

 

ニキビ跡化粧品ニキビ跡の話題では、「オレンジスキン」という言葉をよく聞きますせんか。

 

クレーター状のニキビ跡をオレンジスキンと呼ぶ人もいますが、じつはちょっと違います。

 

オレンジスキンは毛穴が開き、みかんの皮のようにボコボコと穴になっているものです。

 

そしてオレンジスキンは、ニキビやニキビ跡とも大きな関係があります。

 

オレンジスキンの原因は、毛穴につまった皮脂や老廃物。

 

毛穴は肌を守るための皮脂を出したり、不要な老廃物を排出する場所です。

 

しかし、その機能がうまくいかずに、毛穴の中に皮脂や老廃物がつまってしまう場合も…。

 

毛穴は一度つまると、ますます詰まりやすく、そして拡がっていきます。

 

そして目に見えるほど穴が拡がってしまったのがオレンジスキンです。

 

オレンジスキンになっている肌は、皮脂のコントロールがしにくくなっています。

 

また、不要な老廃物を排出することも上手にできず、汚れも溜まりやすい状態。

 

このような肌状態はニキビやニキビ跡に悪影響を与えてしまいます。

 

オレンジスキンの肌はニキビができやすく、そして悪化しやすいです。

 

基礎代謝も低下するので、ニキビがニキビ跡になりやすく、消えにくくなります。

 

オレンジスキンを解消するには、とにかく毎日の洗顔が大事でしょう。

 

毛穴をキレイに保つことでオレンジスキンを予防し、改善しなければいけません。

 

オレンジスキンは一度なってしまうと、治すのに時間がかかります。

 

毛穴がキレイになれば改善するので、根気よく対処していくとよいでしょう。

 

 

赤みのあるニキビ跡の治療方法

 

ニキビ跡には、ニキビのあった部分が赤みとして残ってしまうものがあります。

 

赤みのあるニキビ跡は、肌細胞が炎症をおこしているということに。

 

炎症ニキビや化膿ニキビが長く続くと、皮膚細胞が壊されて炎症をおこします。

 

皮膚自体も弱く薄くなってしまうため、炎症をおこした皮膚細胞が赤く見えるという仕組み。

 

この赤みのあるニキビ跡は額、こめかみ、頬にできやすく、ひどいニキビを繰り返す人に多いです。

 

そのためクレーター状と混合したニキビ跡になっている場合がよくあります。

 

肌が弱っている人が多いので広範囲にできている人も、かなり多いです。

 

赤みのあるニキビ跡は目立ちやすく、コンプレックスになりがちなニキビ跡。

 

赤みのあるニキビ跡を治すには、まず肌の炎症をおさえることが必要です。

 

その上、新らしいニキビができて肌を傷つけないように、ニキビの予防もおこないます。

 

洗顔料や洗顔方法の見直し、基礎化粧品の見直すとよいでしょう。

 

肌への直接的な刺激がないかを確認して、肌に優しいケアを心がけてください。

 

肌自体が弱く薄くなっているので、肌の基礎体力を回復させることも大切。

 

水溶性、油溶性と両方のビタミンCを補い、表皮と真皮の働きをサポートを行ないます。

 

しかし内側からのケアは、少なくても2回のターンオーバーが必要。

 

新陳代謝が弱っていると、1年たっても赤みが消えない人もいます。

 

そのような人には、レーザー治療がオススメです。

 

ニキビ跡の赤みはヘモグロビンによるものなので、レーザー治療は効果的。

 

レーザー治療はニキビ跡だけではなく、ニキビの治療にも有効です。

 

効果もすぐに確認できるので、赤みがひどい人には合っているはず。

 

 

ニキビ跡のためのスキンケア

 

ニキビ跡を治すためには、なんといってもスキンケアが大切。

 

洗顔料や洗顔方法を変えただけでニキビが改善した、という話をよく聞きませんか?

 

スキンケアは、良くも悪くも直接肌に影響を与えます。

 

6〜7割は、スキンケアで肌状態が決まるといってもいいかもしれません。

 

肌状態は、もちろんニキビ跡を治すためにも重要です。

 

間違ったスキンケアで肌が刺激を受け続けていると、ニキビ跡は治りにくいでしょう。

 

たとえ実感として刺激がなくても、表皮や真皮がダメージを受けている場合もあります。

 

いつまでもニキビやニキビ跡が治らない時は、スキンケアを見直してみるとよいかもしれません。

 

ニキビやニキビ跡のためのスキンケア用品は、いろいろと販売されています。

 

一番大事なことは、自分の肌に合っているものを選ぶこと。

 

しかしニキビの状態や、ニキビ跡の種類で選ぶことも大事です。

 

真皮が原因のニキビ跡に、水溶性ビタミンCをいくら補充しても効果はありません。

 

一言でニキビ跡といってもさまざまな種類があるので、それに合うスキンケアが必要です。

 

それと一部の治療方法を除いて、ニキビ跡を治すには根気が入るでしょう。

 

ニキビは肌の傷跡である上に、傷を修復するための機能が働いていない状態です。

 

まずは肌細胞の機能を回復させることから始める必要があります。

 

そのような肌細胞の機能を回復させるためには、やはりスキンケアは大切です。

 

しっかり効果や成分を確認して、自分の肌とニキビ跡に合うものを選んでくださいね。

 

 

ニキビ跡にはベルブラン

 

ニキビ跡にベルブランが効果的!?

 

ベルブランはニキビ跡に悩んでいる方のために開発された美容液。

 

 

今ならキャンペーン中!

 

ベルブランを楽天よりも安く購入する方法