ニキビ跡 クレーター

ニキビ跡、クレーターを消す方法

ニキビ跡をなんとかしたいと思っている方は多いでしょう。

 

ニキビ跡の原因や対処方法を紹介するので参考にしてみてくださいね。

 

 

 

ニキビ跡ができる原因は?

 

ニキビ跡は、ニキビによる肌トラブルです。

 

ちゃんと治さなかったということが一番の原因でしょう。

 

人間の体はケガをすると治そうと働きます。

 

血が出ると固まり、かさぶたができて肌再生が終わって元に戻ります。

 

ニキビも同じような感じで治っていきニキビ跡ができるのは、その途中でトラブルが起きたと考えてよいでしょう。

 

かさぶたをムリにとったり、十分なスキンケアをしていないうちに肌再生が終わると、元の肌とは違うニキビ跡になってしまいます。

 

ニキビ跡はこのように自然にできてしまうのと、もう一つ自分の肌再生の力不足が原因です。

 

肌は毎日生まれ変わるので28日のターンオーバーによって再生を繰り返しています。

 

その時にニキビも自然に治っていきますが、この周期が変化しいつまでも長くかかってしまうと肌がうまく再生せずに、ニキビのところが跡になるという仕組み。

 

これは年齢や生活習慣とも関係するのでニキビができたら、ニキビのためのスキンケアと肌再生に務める生活習慣をすることが大事です。

 

この辺りはニキビができる原因と似ていて、肌が健康じゃないとニキビもやニキビ跡もできてしまいます。

 

 

 

ニキビ跡は治らない?

 

ニキビ跡は治らない、と思っていませんか?

 

ネットで探しても、皮膚科の先生に聞いても『ニキビ跡は治らない』と見聞きしているかもしれませんが、じつはそれは間違っています。

 

たとえば芸能人で前はニキビ跡、クレーターがひどかったのに、綺麗になった方たちが多いです。

 

・元プロ野球選手の松井秀喜さん。
・ウッチャンナンチャンの南原清隆さん

 

松井選手はジャイアンツ時代に、ニキビ治療で有名な皮膚科医にて治療をしていました。

 

ニキビ用の化粧品も開発されるほど皮膚科の権威ある先生ですし、そのニキビケアをしっかりされていたのでしょう。

 

その担当が石井禮次郎医師です。

 

石井氏のクリニックは多くの女優さんも愛用するほどの皮膚科です。ウッチャンナンチャンの南原清隆さんも治療されていたという噂も。

 

しかし芸能人御用達の皮膚科ですので、予約が難しかったり金額も高めです。

 

こういったクリニックに行くのは『最後の砦』として残しておいて、まずは、お値段も手ごろで、ニキビ跡(ニキビ痕)に評判の化粧品を試してみるといいかもしれません。

 

 

ニキビ跡と肌のくすみの関係

 

ニキビ跡のある人は、肌がくすみがちな人も多いです。

 

その理由が、ニキビ跡は肌の新陳代謝が悪い人に残りやすいため。

 

肌のくすみも、新陳代謝が悪いことが原因です。

 

ニキビ跡と肌のくすみには、新陳代謝という共通点があります。

 

肌のくすみは古い角質が排出されず、肌に溜まってしまうことでおこりやすいです。

 

そのため肌の透明感、ツヤがなくなり暗く、くすんで見えてしまいます。

 

肌の古い角質が排出されないと、皮脂や汗も正常に分泌できません。

 

そうなると肌は乾燥肌になり、毛穴が詰まりやすい状態になるでしょう。

 

このような肌はニキビができやすく、そしてニキビの炎症が悪化しやすい肌です。

 

もともとの肌の新陳代謝が悪いので、ニキビの回復も難しいです。

 

その結果ニキビが治った後の肌に、ニキビ跡が残ってしまうことに…。

 

このように、ニキビ跡と肌のくすみには深い関係があります。

 

一見すると別な肌トラブルに見えますが、そうではないのですね。

 

ニキビ跡をつくらない、ニキビ跡を治すためには肌のくすみのケアも必要です。

 

肌のくすみを改善するには、洗顔方法、スキンケア化粧品を見直すといいでしょう。

 

たとえば肌にダメージを与えるような洗顔をしていませんか?

 

ニキビ跡の改善のためにも、正しい洗顔方法で顔を洗うことは大切です。

 

また、自分に合わないスキンケア化粧品を使い続けると、肌にダメージを与えてしまいます。

 

肌細胞のダメージが肌のくすみをおこし、新陳代謝を低下させるのです。

 

他にも顔の毛細血管の血行不良、皮脂過剰なども肌のくすみの原因に…。

 

ニキビ跡をきれいに治すためにも、肌のくすみに対するケアをしっかりおこなってください。

 

 

 

 

ニキビ跡を予防する

 

ニキビ跡の予防は ニキビができたらすぐに始めるといいでしょう。

 

ニキビができると、あわてて早めに治したと思いますが時間をかけてもキレイに治すことを心がけてほしいです。

 

ニキビがひどくなって炎症を起こしている場合は、少しずつ炎症をひかせて傷を治すようにするとキレイに治りやすいでしょう。

 

やはり、ちゃんと治したいなら皮膚科がオススメ。

 

大体どんなニキビでも、皮膚科に通えば治りやすいです。

 

傷や炎症などができると跡が残ってしまう可能性が高いはず…。

 

皮膚科に通わずに自力で治したいという方は、洗顔をしっかりと行い保湿成分のあるスキンケアを行うとよいでしょう。

 

注意してほしいのは何回も洗顔したりスキンケアを頻繁に変えたりしないでください。

 

ニキビによいといわれるビタミン類を食べたり、サプリメントを補給するなども大事です。

 

肌に直接触らず体内からのアプローチは、ニキビ跡の予防にもなるでしょう。

 

毎日続けることでニキビ跡の予防になるはずです。

 

 

ニキビ跡の対策方法

 

ニキビ跡の対策については、基本的にニキビ対策と同じで十分でしょう。

 

ニキビができたら、そのまま放置せずスキンケアなどを行なってください。

 

たとえばオイリースキンの場合、ニキビの上からのオイルなどは使わず部分的なスキンケアがオススメ。

 

ファンデーションも同じで、リキッドファンデーションではなくパウダーで抑える程度にするなどの工夫し、できてしまったニキビ対策と同じく継続すれば同時にニキビ跡の対策になるでしょう。

 

できてしまったニキビをいじらずに、それ以上ひどくしないよう気をつけてください。

 

ニキビは治るとキレイになるけど、ニキビ跡はそのままにしておいても変化がありません。

 

そのためできてしまうと大変なことになり、シミのようにも見えたりします。

 

ニキビができたら、絶対にニキビ跡ができるということはありません。

 

最後まで、ちゃんと治せばニキビ跡ができないということにつながります。

 

ニキビは最後までしっかりと治すことが、ニキビ跡対策の鉄則です。

 

スキンケアにおいてもある程度は治せるけど、やはりニキビができないようにすることが大切でしょう。

 

 

ニキビ跡の治療

 

ニキビ跡の治療はシミをとるのに似ています。

 

シミとニキビ跡は、素人が見てはわからないようですが、医師の判断によって違いがわかると内服薬、塗り薬などが処方されます。

 

あるいはニキビによってはレーザーなどで、シミをとるようにして、ニキビ跡をとる場合もあります。

 

また「ピーリング」といって角質を取り去ることで、表面を薄くしていく方法も。

 

ピーリングといえば、ピーリング石けんが市販されていて、ご家庭でもケアができますが、病院の治療のピーリングはもっと強力です。

 

そのため薄皮が剥がれた状態で、ニキビ跡も少しずつきれいになっていきます。

 

皮膚科に行くと治療してもらえるでしょう。

 

皮膚科の中にもニキビ専門のところがあったりします。

 

治療が長くなったり、お金がかかることもありますが、それでもきれいにニキビ跡を消すには皮膚科なら自宅でのスキンケアで治すよりは、ほぼ確実。

 

 

 

今、顔にできているクレーター系のニキビ跡を消す方法はあるの?

 

クレーター・ニキビ跡にはベルブラン

 

ニキビ跡にベルブランが効果的!?

 

ベルブランはニキビ跡に悩んでいる方のために開発された美容液。

 

今ならキャンペーン中!

 

ベルブラン

 

ニキビ跡専用化粧水ベルブラン